menu

06品質管理・品質検査

「品質の証明」ものづくりにおいて欠かせないキーワードです。

当社は、品質マネージメントシステムISO9001を認証取得しており、創業大正3年から蓄積した加工技術と融合することで、工場の生産ラインを支える品質の高いロール・シャフトを提供し、多くのお客様にご満足頂いております。
また近年、当社は品質管理の強化に積極的に取り組んでおります。製品の精度は年々厳しくなっており、ミクロン単位の寸法証明を行う為、最新鋭の研削機には自動測定装置を設置致しました。また移動式三次元測定機『FARO』を導入、変化する時代のニーズに対応できるよう設備更新を進めております。

更に非破壊検査(UT・PT・MT)の有資格者による、検査も可能です。必要に応じて、研削後の非破壊検査を行い内部欠陥の有無を診断し、オンライン時の折損やスポーリングなどトラブルを未然に防ぐ為のお客様の予防保全の一翼を担っております。

1. 検査のみの仕事も承ります

お客様が使用されていた状態での検査及びデーター管理や品質のセカンドオピニオンにもご相談下さい。

2. 『REUSE』提案

ご依頼頂いた加工以外にもご希望であれば、診断しロールの延命を提案致します。ベアリング部やシール部・胴部表面は長時間のご使用で、徐々に摩耗が進行しています。また目視で確認出来ないクラックが大きな事故を引き起こす可能性も有り、このような不具合を見逃さない為にも、寸法測定や非破壊検査は必要です。
検査結果に基づき、経験と実績豊富な技術ノウハウにより最適な補修方法まで提案致します。

3. 出張検査 (予防保全)

近年は、お客様の『予防保全』意識が高まり、生産ラインに組んだ状態で軸の超音波探傷や寸法測定のご依頼を承っております。ロールの老朽化を的確に評価する事により『突発事故の削減』『設備停止時間の最短化』『品質の安定』に寄与致します。

1. 検査のみの仕事も承ります2. 『REUSE』提案3. 出張検査 (予防保全)

事業部紹介

品質管理部/品質管理課のご紹介スタッフから

品質管理部/品質管理課のご紹介

品質管理部は主に工場内で製造・修理を行った製品の各種測定作業と記録の作成を行っております。

社内加工製品以外の測定、各種検査(PT、MT、UT)また輸送が出来ない製品の現地検査に関してもスタッフを派遣しご対応致します。

スタッフから

品質管理課
青山 英明

製品検査及び検査表は、製品の保証となりますので間違いが許されません。よって常に正確なものを出す様に心掛けています。
また非破壊検査の資格取得にも力を入れております。

ロールの製作・メンテナンスの流れ

PAGE TOP